ここにしかない大人と子供の日々 http://clovver.com My WordPress Blog Wed, 19 Oct 2016 23:37:34 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.4.8 オフィスレイアウトにおけるデザイン-観葉植物等 http://clovver.com/?p=25 http://clovver.com/?p=25#respond Thu, 29 Sep 2016 23:43:36 +0000 http://clovver.com/?p=25 オフィスレイアウトやデザインと言うと、机、椅子や家具類などの設置や、壁紙やクロスなど空間や雰囲気を演出するものを考えるものです。

その中で、観葉植物などの緑に関しては、オフィス開設時にお得意様や取引先から頂いたものがオフィスの隅に置かれているケースがほとんどかもしれません。
今回は、働く人々にとって、またデザイン的にも、緑が大切だという点を取り上げます。

観葉植物は、働く人々にとって有用なもので、二酸化炭素を吸収したり、シックハウスの原因となる物質や様々な細菌を吸収する働きがあります。

そのような空気清浄機能のほかに、適度な湿度を保ったり、急激な室温変化を軽減する効果もあるようです。

また、緑と言う色自体が、人の疲れをいやしたり、緊張をほぐす効果があると言われていますので、デザインに取り入れない手はありません。
最近では、太陽光や蛍光灯の光が当たると、脱臭やシックハウスの原因物質を取り除く働きがある酸化チタンをコーティングしている人工の植物もあるようなので、観葉植物を置くことや管理が難しい場合でも、利用することができます。
オフィス移転の初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

オフィスレイアウトとしてそれらの植物を置く場所ですが、あえてオフィスの中央に置くことにより、働く人々が集まって、コミュニケーションを取ったり、アイデアを出し合う空間とすることもできます。

オフィスレイアウトにとって、観葉植物等の位置づけは今のところ低いものかもしれませんが、オフィス環境を良くするため、またデザイン性の観点でも、とても有用なものです。

]]>
http://clovver.com/?feed=rss2&p=25 0
オフィス移転は土日が多い理由 http://clovver.com/?p=21 http://clovver.com/?p=21#respond Fri, 26 Aug 2016 04:08:54 +0000 http://clovver.com/?p=21 オフィス移転をするために引越し業者や一括して任せる専門の業者に依頼する訳ですが、実際に移転する時は土日に行なわれることが多いです。

何故、土日で多くオフィス移転が行われているかと言いますと、
周囲の会社やお店に迷惑が掛かってしまうからです。

オフィス移転でテナントに入居する時に大きな荷物を何回も出し入れする作業になりますので、エレベーターを占有したり、大きなトラックを道路に横付けしたりと周囲に迷惑を掛けてしまいます。

ですから平日だと周囲のお店の営業の邪魔になってしまいますのでできるだけ土日などの休日に行なわれているのです。

また周囲のお店がレストランなどの土日の方が多くのお客さんに利用される場合は夜間にオフィス移転するなどの制約が掛かります。

このように周囲の事情がありますので、こちら側だけの希望で引越し日時を決めるのは難しいのです。

引越し業者によりますと月末に合わせて手続きをしたり、サービスの解約をしたりすることが多いので、月末や年度末にオフィス移転をされる方が増加します。

ですから月末の土日は多くの予約が入り、料金の方も高く設定されるケースもあり、早めに引越しの予約をしたり、引越しをできる段取りをしておかなければならないのです。

オフィスを移転する際はいつに引越しできるか、自分たちの会社の希望だけではなく、引っ越し先の事情もよく考えて、スムーズに引越しできるように早めに引越し業者に依頼の予約をしておきましょう。オフィス移転費用についても確認しましょう。

]]>
http://clovver.com/?feed=rss2&p=21 0
新規企業のオフィスレイアウト費用の相場とデザイン http://clovver.com/?p=17 http://clovver.com/?p=17#respond Tue, 26 Jul 2016 09:25:39 +0000 http://clovver.com/?p=17 新しく会社を興す場合、オフィスレイアウトに伴う費用はどれぐらいかかるのでしょうか。

社長以下役員や社員を含め6人とすると、標準の備品、業務に必要な各種工事などを含めると約140万円ほどが相場になります。

これにオフィスの賃貸契約に伴う費用が加わることになりますので、結構な負担です。
このようなベンチャー企業では、社員同士のコミュニケーションを重視することが多くなっています。

トップの社長から社員まで顔を突き合わせることができる対向式のオフィスレイアウトが主ですが、
最近では固定席をなくしたフリーアドレス式が採用されることも増えています。

対向式のオフィスレイアウトやフリーアドレス式のレイアウトの良さは、費用を削減できることです。

比較的費用のかかるパーティションが少なくしたり、床にタイルカーペットを使わないなどの工夫でコスト削減できます。

浮いた費用を効率的なオフィスに欠かせない、コンセントボックス、OAタップ、配線ケーブル、西日対策のブラインド設置などに割けます。

日常の業務に欠かせないOA機器は、中古品を購入することでコスト削減しましょう。
これ以外にも、ベンチャー企業のオフィスレイアウトで検討しておくべきことが社員数の増加です。

企業が成長すると、新しく社員を雇う必要があります。
現在のオフィスに新たなデスクやイスなどを配置しなければならないので、成長後のことも考えたレイアウトを検討しておくことが求められます。
オフィス移転の費用もよく見積もりをしましょう。

]]>
http://clovver.com/?feed=rss2&p=17 0
オフィス移転業者は事前に情報を集めてから決める http://clovver.com/?p=13 http://clovver.com/?p=13#respond Tue, 28 Jun 2016 09:33:26 +0000 http://clovver.com/?p=13 オフィス移転をするにあたり、オフィス移転業者を選定することは重要な作業になります。それぞれ価格設定が異

なるために、事前に見積もりを依頼して価格を比較することで費用を抑えることができるためです。

ですが、業者の選定はコストを抑えるためだけに行なうものではありません。
というのもオフィスには会社の運営に関わる膨大な量の機密情報があり、それを運搬するとなると信用できるところに依頼をしなければなりません。

そうした機密情報の運搬に関して自社社員で行なえば情報流出のリスクを軽減することができるのですが、通常の業務をしつつ移転作業をするのは難しく、どうしても影響が出てしまいます。

また、パソコンやプリンターなどの精密機器を運搬するのは専門家に依頼しなければ難しいですし、
オフィス移転後にインターネットの環境を整えなければならないなど、どうしても業者に頼まなければならない場面も多くあります。

業者の中には単に荷物を運搬するのみならず、そうした専門性を有しすぐに新しいオフィスで仕事ができるように環境を整えてくれるところも珍しくありません。

もちろん依頼する領域が多ければ多いほどコストは増えます。ですがそれだけ自社社員の負担や掛かる時間も減りますので通常業務にあまり支障は出ません。

会社の事情を十分に考慮した上で業者を選び、依頼する領域を選択することで、オフィス移転の際に生じるリスクを軽減し、無駄なコストを掛けずに済むのです。

]]>
http://clovver.com/?feed=rss2&p=13 0
オフィス移転を決める要因 http://clovver.com/?p=9 http://clovver.com/?p=9#respond Wed, 01 Jun 2016 01:38:54 +0000 http://clovver.com/?p=9 オフィス移転の要因にはどのようなものがあるでしょうか。主に中小企業の場合について、考えていきます。まず

最初は、従業員数が増えたとき。

最初は1人2人でアパートの一室で始めたような事業でも、
軌道に乗って成長するにつれ従業員が必要になってきます。

アパートの一室から雑居ビルの一室へ、やがて一室からワンフロア、ツーフロア、ビジネスビルへと移っていきます。
その際、いきなりオフィス移転するのではなく社内のレイアウト変更などで対応して、難しいようであれば移転を検討します。

次に、在庫や設備の増加です。初めは段ボール1つ2つで直置きだったものが増えていき、
棚を設置したり場合によっては倉庫を借りるようになります。

在庫は売上に直結しますので、スペースの広いところや、倉庫に近い場所を求めてオフィス移転する必要に駆られます。

そして最後に、取引先との関係です。BtoBビジネスでもBtoCビジネスであっても、
顧客に近い立地を得るというのはマーケティング上非常に重要です。

顧客だけでなく、外注先なども近い立地やアクセスのしやすい立地の方が仕事がスムーズになります。
特に下請けの場合、立地が近いというだけで選ばれやすくなります。最初は財政的に都心や中心地にオフィスを構えるのは難しいですが、時期を見てオフィス移転を行わないと商機を逃すことになります。

オフィス移転は時間もお金もかかりますし、対外的な周知なども含めると負担が大きいのでそう頻繁に行うことはできませんが、
上述したようなタイミングで行って会社の身の丈に合わせるようにしないといけません。

]]>
http://clovver.com/?feed=rss2&p=9 0
経営を進める上で大切なオフィス移転と新設の判断 http://clovver.com/?p=5 http://clovver.com/?p=5#respond Thu, 28 Apr 2016 11:58:56 +0000 http://clovver.com/?p=5 企業を動かしていくためにはその規模の大小にかかわらずオフィスを準備するということが必要になります。ただ事業所として登記するためだけのものというわけではなく、

実務を行う上で必ず必要になるのがオフィスであり、

企業が大きくなっていくにつれてオフィスで働く人の数も増やさざるを得ません。

 

そのため、

事業がうまく軌道に乗るようになって事業を拡大していこうとすると

段々とオフィスが手狭になってきてしまいます。

 

その際には新たなオフィスを準備していくか、

オフィス移転を行うかという選択をすることになります。

事業内容によって複数の事業所ができることがメリットとなる場合もあればデメリットとなることもあります。

オフィスで行う内容が事務的なものであって

一か所に集約した方が効率的であるという場合には複数のオフィスに分けてしまうことは避けなければならず、

現在のオフィスをたたんでしまってオフィス移転をするというのがより良い選択となるでしょう。

一方、多くの地域で事業を行っていて、その中心的な地域が複数の地域にまたがっている場合にはそれぞれに事業所を持つということに意味があります。

より連絡や指揮が円滑に行えるからであり、

その場合にはオフィス移転をするのではなく、

新しいオフィスを手配してうまく人材を配分するというアプローチが効果的でしょう。

 

事業内容や事業の状況、そして経営戦略によってオフィスを適切な形で作り上げていくことが経営をうまく進めるのに必要な視点です。

]]>
http://clovver.com/?feed=rss2&p=5 0