????????????????????????????????????

オフィスレイアウトにおけるデザイン-観葉植物等

オフィスレイアウトやデザインと言うと、机、椅子や家具類などの設置や、壁紙やクロスなど空間や雰囲気を演出するものを考えるものです。

その中で、観葉植物などの緑に関しては、オフィス開設時にお得意様や取引先から頂いたものがオフィスの隅に置かれているケースがほとんどかもしれません。
今回は、働く人々にとって、またデザイン的にも、緑が大切だという点を取り上げます。

観葉植物は、働く人々にとって有用なもので、二酸化炭素を吸収したり、シックハウスの原因となる物質や様々な細菌を吸収する働きがあります。

そのような空気清浄機能のほかに、適度な湿度を保ったり、急激な室温変化を軽減する効果もあるようです。

また、緑と言う色自体が、人の疲れをいやしたり、緊張をほぐす効果があると言われていますので、デザインに取り入れない手はありません。
最近では、太陽光や蛍光灯の光が当たると、脱臭やシックハウスの原因物質を取り除く働きがある酸化チタンをコーティングしている人工の植物もあるようなので、観葉植物を置くことや管理が難しい場合でも、利用することができます。
オフィス移転の初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

オフィスレイアウトとしてそれらの植物を置く場所ですが、あえてオフィスの中央に置くことにより、働く人々が集まって、コミュニケーションを取ったり、アイデアを出し合う空間とすることもできます。

オフィスレイアウトにとって、観葉植物等の位置づけは今のところ低いものかもしれませんが、オフィス環境を良くするため、またデザイン性の観点でも、とても有用なものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *