20090321_mm_5411_w800

経営を進める上で大切なオフィス移転と新設の判断

企業を動かしていくためにはその規模の大小にかかわらずオフィスを準備するということが必要になります。ただ事業所として登記するためだけのものというわけではなく、

実務を行う上で必ず必要になるのがオフィスであり、

企業が大きくなっていくにつれてオフィスで働く人の数も増やさざるを得ません。

 

そのため、

事業がうまく軌道に乗るようになって事業を拡大していこうとすると

段々とオフィスが手狭になってきてしまいます。

 

その際には新たなオフィスを準備していくか、

オフィス移転を行うかという選択をすることになります。

事業内容によって複数の事業所ができることがメリットとなる場合もあればデメリットとなることもあります。

オフィスで行う内容が事務的なものであって

一か所に集約した方が効率的であるという場合には複数のオフィスに分けてしまうことは避けなければならず、

現在のオフィスをたたんでしまってオフィス移転をするというのがより良い選択となるでしょう。

一方、多くの地域で事業を行っていて、その中心的な地域が複数の地域にまたがっている場合にはそれぞれに事業所を持つということに意味があります。

より連絡や指揮が円滑に行えるからであり、

その場合にはオフィス移転をするのではなく、

新しいオフィスを手配してうまく人材を配分するというアプローチが効果的でしょう。

 

事業内容や事業の状況、そして経営戦略によってオフィスを適切な形で作り上げていくことが経営をうまく進めるのに必要な視点です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *